食の安全・安心情報

食品表示って何?

食品の表示制度については,「食品衛生法」,「JAS法」,「健康増進法」の3法を整理,統合した「食品表示法」が平成27年4月1日から施行されます!
食品の表示は,消費者が食品を購入するとき,正しく食品の内容を理解し,選択したり,適正に使用したりするうえでの重要な情報源となります。
食品の表示制度には,飲食による衛生上の危害発生の防止を目的とした食品衛生法,品質に関する適正な表示を目的としたJAS法,健康及び体力の維持,向上に役立てることを目的とした健康増進法,その他に,虚偽・誇大な表示を禁止した景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)や,内容量等の表示に関する計量法など,さまざまな法律が関わっています。

1) 食品衛生法

  • 表示主旨:飲食による衛生上の危害発生の防止
  • 対象食品:容器包装に入れられた加工食品(一部生鮮品を含む)
  • 表示内容:名称,使用添加物,保存方法,消費期限又は賞味期限,製造者氏名,製造所所在地等,遺伝子組換え食品,アレルギー食品等

  • アレルギー表示をしなければならない特定原材料(7品目)
    小麦,卵,乳,そば,落花生,えび,かに
  • アレルギー表示をすることを推奨される特定原材料に準ずるもの(18品目)
    あわび,いか,いくら,オレンジ,キウイフルーツ,牛肉,くるみ,さけ,さば,大豆,鶏肉,豚肉,バナナ,まつたけ,もも,やまいも,りんご,ゼラチン

2) JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)

  • 表示主旨:品質に関する適正な表示
  • 対象食品:生鮮食品,加工食品
  • 表示内容:名称,原材料名,食品添加物,内容量,消費期限又は賞味期限,保存方法,製造者または販売者(輸入品にあっては輸入業者)の氏名または名称及び住所,原産国名(輸入品以外は省略),遺伝子組換え食品,有機食品,その他必要な表示事項

JAS規格制度

飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する
(JAS規格による検査に合格した製品にJASマークをつける)

品質表示基準制度

原材料,原産地など品質の表示を義務付ける

▼農産物・・・野菜,果実,豆類,雑穀等商品に近接した表示を行う。包装以外に,立て札(ポップ)でも良い

▼玄米及び精米・・・容器に入れ,または包装されたものに限る。

※平成21年1月9日に玄米及び精米品質表示基準が改正され,上記記載例の記載方法になりました。しかしながら,平成22年3月31日までは,改正前の表示方法であっても差し支えありません。

▼畜産物・・・肉類

▼水産物・・・魚類,貝類,水産動物類,海産ほ乳動物類,海草類

3) 健康増進法

  • 表示主旨:健康及び体力の維持,向上に役立てる。健康の保持増進の効果等についての虚偽又は誇大な広告等の表示の禁止
  • 対象食品:販売される加工食品等で,日本語により栄養表示する場合。鶏卵(いわゆる特殊卵)特別用途食品(乳児用,幼児用,妊産婦用,病者用など特別の用途に適することを明示できる食品)食品として販売に供するもの
  • 表示内容:栄養成分,熱量,表示単位。許可を受けた理由,許可を受けた表示の内容,成分分析表及び熱量,許可証票,摂取方法等。健康保持増進効果等について著しく事実に相異する表示をし,又は著しく人を誤認させるような表示をしてはならない。

口から摂取するものは,食品,医薬品,医薬部外品のいずれかに分類されます。食品の中でも,特別の用途を表示して販売される特別用途食品や,栄養素の機能を表示して販売される栄養機能食品など,さまざまな保健の目的をもった食品があります。また,一般食品においても,食生活に役立てられるよう栄養成分を表示している食品もあります。いずれも基準が設けられ,虚偽誇大表示(間違ったり大げさな表示)が禁止されています。

栄養表示基準

栄養表示に一定のルール化を図り,消費者の方へ食品を選択する上での適切な情報提供をし,健康づくりに資するような食品の選択を支援するものです。

ある栄養素について,基準を満たしているものについては強調表示をすることができます

▼絶対表示
単にその食品について栄養成分等の量が「多い」「少ない」という表示

  • 「たっぷり」「多い」「豊富」・・・多い旨を示す
  • 「含有」「入り」「使用」・・・含む旨を示す
  • 「無」「ゼロ」「ノン」・・・含まない旨を示す
  • 「控えめ」「ライト」「オフ」・・・少ない旨を示す

▼相対表示
他の食品と比較して,その食品の栄養成分等の量や割合が「多い」「少ない」という表示

  • 他の食品と比較した増減量が強調表示の基準に適合していれば,表示可能
  • 比較した対照食品も併記される

この栄養表示基準に則り,栄養素の機能を表示して販売される食品を栄養機能食品といい,1日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が基準範囲内である必要があります。さらに,栄養成分表示以外に表示しなければならない項目があります。

  • 栄養成分の機能
  • 1日あたりの摂取目安量
  • 注意喚起
  • 「食生活は,主食,主菜,副菜を基本に,食事のバランスを」の文言
  • 国の審査や許可を受けた商品ではない旨の表示 など

特定保健用食品

通称「トクホ」と呼ばれている食品で,特定の保健の用途を表示して販売される食品です。特別用途食品に含まれます。また,特定保健用食品と栄養機能食品を合わせて「保健機能食品」と呼ばれることもあります。

  • 表示される保健の用途
    • おなかの調子を整える食品
    • 血糖値が気になる方に適する食品
    • コレステロールが高めの方に適する食品
    • むし歯の原因になりにくい食品 など
  • 消費者庁から許可を受けた食品だけが表示可能
  • 多量摂取によって健康が増進するものではない

誇大表示の禁止

健康増進法第32条の2に『何人も,食品として販売に供する物に関して広告その他の表示をするきは,健康の保持増進の効果その他厚生労働省令で定める事項(以下「健康保持増進効果等」という。)について,著しく事実に相違する表示をし,又は著しく人を誤認させるような表示をしてはならない。』とあり,誇大表示は禁止されています。具体的には上記のような表示はできません。

食のリスクコミュニケーションとは? 「リスクコミュニケーション」とは,消費者,事業者,行政担当者などの関係者の間で情報や意見をお互いに交換しようというものです。食品の安全性をはじめとする食に関する知識と理解を深め,自らの食を自らの判断で正しく選択していけるよう,リスクコミュニケーションの充実,食品の安全性に関するわかりやすい情報の提供が求められています。

このページの先頭へ
このページを共有
mixiチェック